​いいやまdeウエディング

飯山市は、長野県の一番北に位置し 島崎藤村が「雪国の小京都」と呼んだほどお寺の多い。

四季折々に美しい風景が広がり日本の原風景を感じられます。

読売新聞社の『遊歩百選』に「日本原風景が感じられるまち」として認定を受けています。

北陸新幹線開通により、首都圏から飯山へのアクセスが良くなりました。

一部、観光・ウエディング・ウエディングフォトのスポット紹介します。
まだまだ紹介しきれない場所が沢山あります。

ホテルほていや

創業700年と長野県内においてもかなり古く歴史がある。島崎藤村や田中角栄といった有名人も利用している。

明治37年1月上旬、島崎藤村が丸山晩霞等と飯山の真宗寺(小説「破戒」蓮華寺のモデルとなったお寺)に訪れた際に「ほていや旅館」(現 ホテルほていや)に宿泊したとされています。

高源院

​(あじさい寺)

600余年の歴史を持つ曹洞宗の古刹で信州で紫陽花が一番遅い見頃を迎える場所です。

樹齢200年以上の杉並木が並ぶ参道の両脇には約20種800株、10,000本の紫陽花が植えられています。

開花時期が様々で6月下旬〜7月中旬と比較的長い間楽しむことができます。

かまくらの里

1月下旬〜2月下旬までの約1ヶ月間、雪で作られた15基〜20基の「かまくら」がお目見えします。

夜は明かりが灯され幻想的な雰囲気は素敵です。

期間限定で「レストランかまくら村」として、かまくらの中で名物「のろし鍋」を食べることができます。

真宗寺

(しんしゅうじ)

島崎藤村の「破戒」に出てくる蓮華寺のモデルとなったお寺です。

昭和27年(1952)の飯山大火の際に山門や本堂等を消失し、島崎藤村が訪れた時から残っているのは六角堂のみになっています。

小菅神社

​(こすげじんじゃ)

戸隠・飯綱と共に信州三大修験霊場の一つです。

参道入口の鳥居をくぐると杉並木が左右に広がっています。

約800mの区間に180本の杉の大木が並木を作っており、大きな杉で高さ45m、樹齢300年とも言われています。

鳥居から奥社本殿までは1250mあります。

北竜湖

(ハート型の湖)

ハート型をしている湖「北竜湖」は恋愛成就のスポットとして有名です。

長野県の「自然百選」にも選ばれています。

北竜湖でプロポーズしませんか?

​​

神戸の大イチョウ

樹齢500年超と伝えられる高さ36mの大イチョウは、新緑の頃と黄金色に染まる秋の美しさは最高です。

気根が乳房のように垂れ下がる姿から、地元では母親が乳の出が良くなるように祈願する風習があります。

マタニティフォトや前撮り・フォトウエディングにお勧めです。

LINEからもお問合せいただけます

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterestの社会のアイコン

TEL 026-266-0535

【長野店】

長野県長野市上松3丁目-1-23

【小布施店】

長野県上高井郡小布施町雁田1311

小布施温泉 あけびの湯 3F

​地図検索する場合は、住所ではなく

【ながのdeウエディング】で検索してください

© 2011 NAGANO de WEDDING All Rights Reserved.